ムダ毛の自己処理〜カミソリの正しい使い方

みなさんはムダ毛の処理をどのような方法でやっていますか?

脱毛サロンには行かないで、自己処理をやっている人は、おうちでカミソリで剃ったり、毛抜きで抜いたり、脱毛クリームを使用したりという方がほとんどだと思います。
ムダ毛の自己処理をやっていると肌トラブルがつきものです。
カミソリ負けをしたり、毛抜きで抜いて赤いポツポツが出来たり、脱毛クリームを使ったら肌への刺激が強すぎて真っ赤になったという方も少なくはないはずです。
どうしたら自己処理での肌トラブルを減らせるかということが大きな問題となってきます。
今回は、ムダ毛の自己処理で一番多いであろうカミソリ負けの防ぎ方についてまとめてみたいと思います。

カミソリ負けの原因のまず一つ目は、カミソリ自体の問題です。古くなって欠けたり錆びたりしている物、きれいな状態じゃない細菌の繁殖した物などを使っているとカミソリ負けをしやすいです。

そして二つ目の原因は、間違った使い方です。
お風呂で体を洗うついでに剃っていたりしませんか?
これは大きな間違いです。
正しい使い方は、まず剃る前に毛穴を開くこと。
蒸しタオルを使って温めておきましょう。
そして次にシェービングクリームや保湿クリームを塗ってから、剃り始めます。
この時の注意点は、必ず毛の流れに沿って剃ること、逆剃りは絶対にしてはいけません。
剃った後はぬるめのお湯で洗い流し、そして冷たいタオルで冷やします。
冷やして、開いた毛穴を元に戻しましょう。最後に保湿ローションやクリームを塗ります。
これがカミソリの正しい使い方です。

カミソリ負けの三つ目の原因は、元々肌が弱いということです。
これは、剃る前後のケアを念入りに行うことが重要になってきます。そして、できれば剃らない日を作るということも大事です。
ムダ毛の自己処理での肌トラブルを少しでも減らすために、正しい処理方法を身につけましょう。

横浜で脱毛サロンを比較検討するならこのサイトがオススメです。
脱毛横浜ランキング

You Might Also Like

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です